保湿化粧品に含まれている成分

女性にとって肌の美しさは重要なポイントで、化粧をする時も肌質によって仕上がりに差が出てくるでしょう。

それゆえ保湿化粧品を使用する人が多いですが、この時に成分内容を気を付ける必要があります。

一般的に保湿に必要と言われているのが「ケラミド」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」になっていて、それぞれ役割が違っているので注意が必要です。

簡単に説明すると、セラミドは肌のバリア機能を助ける効果を持っていて、コラーゲンは肌の土台でハリを作りだし、ヒアルロン酸は肌の弾力を作り出すことができます。

それゆえ肌の状態に合わせて必須となる成分を含んでいる化粧品を選ぶことが重要なポイントになってきます。

これらは過剰に使用しても副作用などはありませんので、自分の肌質を知ってもっとも補う必要のあるものが多く含まれている化粧品を選ぶのが良いでしょう。

そのためには自分の肌にどういった成分が必要なのか、適しているのかを知る必要があります。

セラミドってどんな働きをするの?

健康な肌の角層の中では、角層細胞が何層にも重なっています。その細胞同士の隙間を満たしているのがセラミドです。

肌には、肌荒れのもととなる外部刺激から肌を守るための働きが備わっています。この働きを正常に働かせるための主成分がセラミドです。

この成分で満たされた肌は潤いキメが整い、乾燥やほこりなど外部からの刺激を受けても肌荒れしにくい状態です。

人間の肌に存在するセラミドは、大きくわけると7種類あり、それぞれに働きがあります。

1つめは水分保持力と肌を守る機能を持ち、外部の刺激から肌をガードします。2つめは肌に最も多く存在し高い保湿力を持ちます。3つめはうるおいを閉じ込める機能を持ちシワを防ぎます。4つめ、5つめは肌表面で外部刺激からバリアする層を構成し、それを維持します。6つめは水分を保持し、ターンオーバーの機能を正常に保ちます。7つめは細胞の増殖と肌に存在する菌のバランスを整えます。

この様々な種類がひとつになり、肌を守っています。